読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

習慣

習慣とは、鎖。

気づいた頃にはそれが断ち切れない程に強固なチカラを持つそうだ。

誰かが言った。

けれども最近は違って見える。習慣とは危機感の別名ではないか。うっかり忘れてしまうと、それこそ1年分の不幸が扉のすぐそばまで迫っているようで、焦り、狼狽する。それをやめてしまえば、一生幸せにはなれないのではないかと。

 

どのような趣味をお持ちですか?

 

音楽鑑賞です、とは絶対に答えない。だって音楽鑑賞は、趣味ではなく習慣だから。聞くのをやめればたちまち、暗闇。困ったことになる。まっすぐ歩けるかどうかも怪しい。大袈裟かもしれないけれど、そういう人もいるのです。

約束

はじめに、ルールを決めよう。

そうだな、、、

 

ひとのために書かない。

デスマス調で書かない。

肩がこったり、お酒に酔ったりしたら書かない。

 

これくらい、厳格で慎重なルールがあれば、続けられるだろう。

 

〝雑踏の中へ入れ。人の輪の中へいけ。みんながいる場所へ向かえ。みんなの中で、大勢の人の中で、きみはもっとなめらかな人間になり、きっちりとした新しい人間になれるだろう。

孤独でいるのはよくない。孤独はきみをだらしなくしてしまう。孤独は人間を腐らせてだめにしてしまう。さあ、部屋を出て、街へ出かけよう。〟

出典:ニーチェディオニュソスの歌』